演奏をお聴きいただけます。

      ♪♪♪

かね教室

ゾメキ囃子の基本
〜 弾みのリズムを正確に 〜

@  《ニ》を練習
A  《ホ》を練習
B  《チチン》《カラリン》を練習

練習方法と注意点

☆ 《チチン》は二つの音を間をおかずに二つ続けて鳴らします。チンチンとなってはいけません。はずんだ「リズム」にしっかり合わせることです。

☆ 打つ場所は、右よりの底です。

☆ 《カラリン》は、《チチン》の《チ》と同じ打ち方です。《ラ》は、《カ》を打った後、バチを左側底縁方向にすべらします。縁に当たって次に《リン》を打つため、すばやく右側の縁へすべらして当てます。打ち終われば、次の《チチン》を打つため、バチを手前にひきます。

 

☆ カネをワクにつるためのひもは、三味線の一の糸が最適です。
   時々切れることがあるので、予備のひもを持っておく必要があります。

☆ バチ(シュモク)は、なるべく小さいほうが打ちやすく、また音色もよいです。大きい音を出そうとして大きい撞木を使うと、かねにヒビが入ったりして音色も悪く、リズムも悪くなります。

戻る